NFTってなに?

IT

こんにちは!

今回はこれもブロックチェーンとの関連性のある今話題のNFTについてソーシャルメディアインフルエンサーであるイケハヤ氏(著)の「億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書」で勉強した内容をアウトプットしていきます。

億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書 | イケダハヤト, ARATA出版 | マーケティング | Kindleストア | Amazon
Amazonでイケダハヤト, ARATA出版の億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

NFTとは?

NFTとは「Non Fungible Token」の略で「非代替性トークン」「代替不可能なトークン」という替えの効かないトークンの意味です。

トークンとは?

トークンとは日本語で「しるし、象徴、証拠」の意味です。
例えば、自分が土地を所有してるとして、自分の物と証明するには普通、土地に名前を買いたり看板を立てたりしません。
宣伝広告の場合は別ですが、、、、

その代わりに権利書などの書類が、その土地を持っている証拠となり、その権利書がトークンになります。

代替不可能ってどういうこと?

例えば、2枚の100円硬化があり、これらはどちらも同じ価値なので交換することができます。
ビットコインのような仮想通貨などもも同じ価値なので交換することができます。

一方で、以前Twitterの創業者が世界で初めてツイートした画像は世界で一つしかありません。
そうなると先程の通貨のようにはいきません。

然しながら、画像はデジタルデータなので簡単にコピーができ今まではオリジナルかどうかを区別するのが困難でしたが、それを区別できるようにしたのがNFTです。

NFTを理解する上でもう一つ知って欲しいことはブロックチェーン技術です。ブロックチェーンとは、前回説明したとおり分散型台帳のことですが簡単におさらいすると、世界中のコンピュータが同時に一つの台帳として記録しておける技術のこと。

NFTとは誰のモノであるかが明確になっており、世界で一つだけしか存在しないことを証明されたデジタルデータのことです。
よって投資対象になります。

NFTのメリット

・歴史が刻まれるデジタルデータ
・売買される度に収益が入る

歴史が刻まれるデジタルデータ

NFTはブロックチェーンを使い自由に販売することができ、その記録は永遠に残り続けます。

誰にも改ざんができないので常に正しい情報であり、疑う必要がないデータです。
例えば過去に著名人が所有していた記録が残ってるNFTはなどは価値が上がる可能性がありますよね。

売買される度に収益が入る

NFTはには転売ロイヤリティーという出品したNFTが転売される度に収益が入る仕組みがあります。

例えば、自分(クリエイター)が作ったNFTを誰かに1万円で売ったとします。さらに、そのNFTをを他の誰かに10万円で転売されるとクリエイターに設定した割合のロイヤリティーが入ります。つまり転売される度にクリエイターが儲かる仕組みなんですよね。

NFTのデメリット

・日本の市場規模が小さい
・制度が曖昧

日本の市場規模が小さい

日本でのNFT市場は海外に比べ非常に少ないです。本気でNFT投資をしている人は国内で数百人程度でしょう。

一方で海外では数万単位のNFTコレクションが一瞬で売り切れ数単位でNFTコレクション投資をしてる人がたくさんいてます。

制度が曖昧

NFTの権利関係に関する制度はまだまだ整っておらず、今後数年かけて色々な事例がでてきて形成されることになるでしょう。

現時点で抑えておきたいポイントは、NFTはデジタルデータの所有権であり「著作権や商用の利用権は譲渡されない」ことです。
NFTを買ったとしても購入者に映るのはデジタルデータの所有権だけです。

NFTの売買方法

NFTってどうやって売買するの?ってことですが、結論から言うと
基本は「DYOR」=(Do Your Own Reseach: 自分で調べろ!)の意味です。

これは仮想通貨の世界でよく使われる言葉で、ネット上で初心者が安易に質問をすると直ぐに悪意を持った人が集まってくるのでとても危険です。基本は「DYOR」と思っておきましょう。

NFTを売買できるマーケットはググればいくらでも出てきます。その中でも初心者の方は世界で一番大きなNFTマーケットであるOpenSeaから始めるのが良いでしょう。

NFTマーケットは先程説明したとおりブロックチェーンで管理されており、OpenSeaも例外ではありません。

現在OpenSeaには「イーサリアム」と「ポリゴン」という2種類のブロックチェーンを使うことができます。

イーサリアムとポリゴンの違い

まず、イーサリアムは世界で最も使われているブロックチェーンです。
ブロクチェーンと言えばイーサリアムと言ってもいいくらいですが、手数料(ガス代)が非常に高いのが欠点です。

ガス代が高いのは高い手数料を支払ってもNFTが欲しい人がいるからです。しかし、高い手数料を支払ってもNFTを売却するときには価格が何倍も上がってることも普通にあります。

イーサリアムに対しポリゴンの手数料は無料ですが残念ながらポリゴンは市場がすごく小さいのが現状です。

本格的なNFT投資家は手数料の高さを気にしません。実際海外には「ポリゴンだと買いたくない」という投資家もいるみたいです。

結論として、お試しとしてポリゴンを使うのはアリですが基本はイーサリアムを使うほうが良さそうです。

まずはポリゴンでNFTの売買の練習をして自信がついたらイーサリアムってイメージって感じですね。

NFTを売買するときの注意点

OpenSeaでNFTをを売買する際の超重要な注意点として「秘密鍵」と「シードフレーズ」の管理を徹底することです。

・秘密鍵とは、自分の資金を移動させる際に本人確認のために必要となるパスワードのこと
・シードフレーズとは、端末が壊れたときなど緊急時に仮想通貨ウォレットを復元させるために必要なパスワードのこと

上記の画像は私のプロフィール画面です。赤枠の「Unnamed」の下にある「0x7fa…」から始まる文字列に秘密鍵とシードフレーズが紐付いてるので
これを絶対に他の人に教えてはいけません。

これからNFTはどうなる?

NFT産業はまだ始まったばかりで、現在では画像中心の原始的な段階ですが、今後はメタバース(コンピュータネットワーク上に構築された仮想空間)などで使うファッションアイテムとして流行る可能性もあります。

社会インフラに組み込まれる

NFTは革新的な技術なので、社会インフラに組み込まれる可能性が高い。
ブロックチェーンにより改ざんできないデータなので「免許証」などの各種証明書との相性がいいです。

本人確認書類だけでなく、あらゆるモノにNFTのは応用できます。
例えば、会社員証などは「ID」や「パスワード」がなくてもNFTで認証することが可能になるし、コンサートチケットも転売屋による買い占め問題なども解決できますね。

億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書 | イケダハヤト, ARATA出版 | マーケティング | Kindleストア | Amazon
Amazonでイケダハヤト, ARATA出版の億り人が徹底解説! 初心者向けNFTの入門書。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました