思考は現実化する ~願望実現のための6ヵ条編~

読書

今回は、成功者なら誰もが読んでる世界的ベストセラーである
「思考は現実化する」についての感想です。

 

あのカーネギーホールで有名な鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーから依頼を受けてナポレオン・ヒルが500人の「成功までの過程」を無報酬で20年の歳月をかけ1937年に初版が発行され、全世界で累計1億部を発行する成功哲学の原理原則をまとめた名著で、あらゆるビジネス本のお手本となる書籍です。

 

「思考は現実化する」を一通り読んでみて自分の感想としての記録を数回に分けて記事に書いていきます。

 

第一回目として取り上げる内容は、この本の肝となる部分である

 

~願望実現のための6か条~

 

1.実現したい明確な目標を「はっきり」させること
2.実現したいと望むものを得るために、何を代償とするのか
3.実現したいと思っている願望を取得する「最終期限」を決める
4.願望実現のための詳細な計画を立てること
5.実現したい目標、代償、最終期限、詳細な計画、の4点を紙に書く
6.紙に書いた宣言を、1日2回、大きな声で読むこと

 

 

実現したい明確な目標を決める

 

目標達成するには方向性がないと始まりません。
途中で諦める程度の目標では意味がなく、「燃えるようなゆるぎのない目標を持てることができれば、目標の8割は達成できたと思ってよい」

 

実現するために何を代償とするのか

 

目標を実現するため計画を立てるのは当たり前ですが、まだその準備が出来ていなくても、迷わず直ぐ行動に移すことが大事だとヒル博士は語ってます。

 

頭で解っていても実際に行動に移せる人は少ないので直ぐに行動することは意識したいですね。

 

実現するための目標、代償、期限、計画の4点を紙に書き出す

 

実現したい具体的な願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の4点を紙に詳しく書きましょう。

実際に書くことで自分自身の意識に植え付けられます。

 

紙に書いた宣言を1日2回、声を出して読む

 

実際に声を出して読むことで潜在意識にはたらきかけることが目的。

潜在意識とは、人の隠された意識のことで声を出して読むことにより意識を引き出すことができるそうです。

声を出して読み上げる時、既に願望を実現したことと思い込んで自分に信じ込ませることで信念が生まれ、信念という力は目標を達成するための大きなパワーになります。

 

自分なりのまとめ

 

・「成功」とは、他人の権利を尊重し社会正義に反さず、目標願望を、黄金率に従って一つ一つ実現していく過程であり、楽に成功を達成することはありえない。

 

・成功する人は何度失敗しても決して諦めず、やりつづけられる忍耐力が絶対に必要。

 

・絶対に達成できると信じることで、達成する意欲があること。

 

人が熱意を持って「できる」と明確に信じたことは全て実現できるということです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました