16時間断食をはじめました♬

ダイエット

現在、コロナ禍で在宅勤務中に何か爪痕を残したいと思って
選んだのがダイエット!

これまでダイエットを始めてからウォーキング、筋トレ、そして食事療法の
3つを重点的にやってましたが今回、16時間断食ってのを取り入れてみた。


 

「16時間断食は思ってた以上に効果があった」

医学博士の青木厚氏の「空腹」こそ最強クスリという書籍と出会い
しばらくブログを書くのを止めて16時間断食の効果を試してみると
今日まで約2ヶ月間チャレンジしてみたら、予想以上に痩せた!

 

「断食中以外は好きなものが毎日食べれる」

今までやってきた豆腐ダイエットで一番辛かったことは
毎週日曜日はチートデイとして好きなものを好きなだけ食べると
次の日には体重が1kg~2kg増える!

増えた体重を戻すのに従来のダイエット方法だと4,5日かかる。
結局、前の週と比較すると0.5~1kgくらいしか減らないし
ストレスもかなり溜まる。

そこで偶然に知ったこの「空腹」こそ最強のクスリって本!!
要は16時間の空腹を取ることにより毎日好きなものを食べることができ
日に日に体重が落ち、これを始めてからまだ一度も停滞期を経験していない。

 

「食後16時間後にオートファジーが発動」

著者の青木医学博士は、1日3食ってのは間違い!って言ってるんだよね。

「食事」とは、食べ物を口に入れてから飲み込むまでが食事ではなく
食べ物が完全に消化するまでが「食事」を取るってことなんです。

「空腹」を16時間取ることにより体の中である機能が発動するんだって!
それが「オートファジー」

 

「オートファジーってなんぞ??」

オートファジーとは、細胞の中の余計なものを細胞自体が取り除くシステムで、小さな掃除機のような器官が突然現れ、細胞の中を掃除する機能!

古くなったり壊れたりしたタンパク質やミトコンドリアといった細胞内の小器官はこれにより除去され新しい細胞が作られることにより若返る。

 

「体内の脂肪を燃焼させるだけでも10時間の空腹が必要とされてます」

軽い食事だと3時間くらいで消化できるが、脂分の多い重たい食事だと
消化するまでに5,6時間必要になる。そのため一日3食だと体内の脂肪さえ燃焼することができません。

では1日24時間しかない中でどのようにして16時間の空腹時間を捻出するのでしょうか?

それは睡眠時間を組み込むのが一番簡単な方法です。
睡眠を8時間とることを前提で、睡眠の前後4時間の空腹時間を作ることにより16時間の空腹時間をつくれることができます。

例えば僕の場合、朝7時に起床して12時に朝食と昼食の兼用で軽く食事を取り、19時に家族と一緒にしっかりと夕食を食べて23時には就寝。

これで夕食後の20時から翌日の12時までの16時間を空けることができます。個人によっては生活リズムが違う方もいると思いますが、肝心な部分は睡眠時間を有効に使うことです。

 

「どうしてもお腹が空いたらナッツを食べる」

然しながら、16時間断食を始めたてのときはどうしても途中でお腹がすいてしまうもの。その場合は、安心してください!ちゃんと逃げ道が用意されてます。

困ったときの「ナッツ」!!

この書籍では、ナッツはいつでも好きなだけ食べても良いと書かれてます。
ただし、一つだけ条件があります。

ナッツは必ず素焼きのナッツを食べること!
塩味などの味付けナッツはNG!!

これだと、途中でお腹が減ったときに気軽にナッツを食べて乗り切ることができそうですね。僕の経験から16時間断食を続けてると日々ナッツの消費量は減っていきます。

いままでいろんなダイエットにチャレンジして全然結果が出なかった方は一度16時間断食をチェックしてみたらいかがでしょうか。

【空腹こそ最強のクスリ①】一日3食は間違いだった?無理なく痩せる食事法(Fasting Is the Best Medicine)

オリエンタルラジオの中田敦彦さんも「空腹」こを最強のクスリについて動画を出しています。僕より上手に説明されてるので気になった方は一度チェックしてみてください。





コメント

タイトルとURLをコピーしました