第16回 noteとWordPressのメリットとデメリット

フリーランス

こんにちは!

しゅうへい氏が運営する「フリーランスの学校」の16回目の講座をアウトプットしていきます。

今回のテーマは「noteとWordPressのメリットとデメリット」の解説です。

今回の講師もフリーランスの学校を運営するしゅうへい氏が担当!

■しゅうへい氏の紹介
・現在Twitterフォロワー数3.5万人(総フォロワー約10万人)
・2017年からブログをスタート
・累計1,000本以上の記事を執筆(note, WordPress)

 

しゅうへい@ボイスブロガー「1年後の自分を楽にするラジオ」/ Voicy - ボイスメディア
フリーランス4年目。サラリーマン時代に、マルチ商法で借金作って失敗。東京から実家の愛媛にUターン。ブログで独立して、現在は8つの収入口を作って、まったり瀬戸内海で島暮らししています。 【はじめての方にオススメの放送】 ▼ 副業収入5万円の作り方 ▼ ネットで月20万円稼ぐまでにしたことまとめ ▼ 音声配信の...

 

■今日のポイント
・noteとWordPressは結局どっちがいいの?
・noteはレンタルオフィスでWordPressは自社ビル
・WordPressが使えると仕事の幅が広がる

noteのメリットとデメリット

・noteはレンタルオフィス(ネット上で場所を間借りしている)
・noteにはエクスポート機能がない(後に実装予定)
・独自ドメインが使えない(note proでは月額5万で可能)

noteはレンタルオフィスのようにビルの一部分を間借りしてるイメージでネット上で場所を借りて使っているようなものですね。

そのため、書いた記事やコンテンツなどは全てnote社が管理しますので、ドメインやサーバを用意しなくてもコンテンツを出すことができます。

「〇〇.com」のような独自ドメインでは使えませんが、「note pro」というサービスがあり、月額5万円を支払えば独自ドメインを使うことができます

noteのメリット

・ほとんどの機能が無料で使える
・デザインも整っており、すごく見やすい
・フォロー機能もあってストック性も高い

noteは、ほとんどの機能を無料で使うことができ、プレミアム機能についても月額500円なので少ないランニングコストで幅広い機能が使えます。

フォロー機能もありストック性も高いので、いいコンテンツを出していけば100PVや1000PVくらい軽く読まれます。

noteのデメリット

・noteはアフィリエイトに対してグレーゾーン
・アカウントBANになる可能性もある(記事非公開化)
・約15%のプラットフォームの手数料と、有料コンテンツの停止がネック

noteはアフィリエイトにとってグレーな部分があり、検索から除外されるという情報もあります。

所詮、noteというのは借り物の場所なので、note社の運営次第でアカウントBANにされるリスクもあるんですね。

note完全マニュアル | 重和, 八木 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで重和, 八木のnote完全マニュアル。アマゾンならポイント還元本が多数。重和, 八木作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またnote完全マニュアルもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

WordPressのメリットとデメリット

WordPressは自社ビル
・自分の持ち物なのでカスタマイズが自由にできる
・セキュリティや管理など、すべて自分が行う
・サイト売却、移転なども可能

WordPressを運営するのは、自社ビルって感覚ですね。

ゼロからどのような場所にサイトを運営するかを自分で決めることができ、コンテンツは自分の持ち物なので、noteと違ってカスタマイズも自由に組み立てることができます。

一方で、管理やセキュリティに関しても自分の責任においてする必要があります。

たとえば、バックアップやハッキングの対策など、、、、

基本的には、WordPressのプラグインであったりサーバ側でのオプションサービスがあるので、それである程度の対応はできるはず。

※厳密にいうと、WordPressを運用するにはレンタルサーバを借りることになり、レンタルサーバは共有なのでアクセス数が膨大なコンテンツは制限される可能性もあります。

WordPressのメリット

・高いカスタマイズ性(テーマ、プラグイン)
・WordPressが使える=スキル
・事業資産になる

WordPressのメリットとしては、カスタマイズ性にあり汎用性の高いサイトを作ることができます。高機能すぎて使うのが難しいという人もいると思いますが、WordPressが使えるというだけで一定のスキルがあると評価してもらえ、仕事の幅も広がったりします。

WordPressのデメリット

・WordPress構築のハードルが高い
・ハッキングリスク、操作ミスでサイト消滅のリスクもある
・固定費がかかる(年間2万円ほど)

WordPressのデメリットとして、WordPressの構築は初心者にとってかなりハードルの高いものですが、アフィリエイトをやっていくのであれば最低限クリアしないといけないですね。

でも、プログラミングほどは難しくありません。

WordPressの構築や初期設定などの使い方等はググればいくらでも出てきますので一度チェックしてみてください。

ハッキングリスクも自分で管理をしていく必要があり、操作の凡ミスでサイトが全部きえてしまうリスクもあるので、いつでも元に戻せる環境を構築する必要もありますね。

デメリットとして、固定費がかかるというのもありますが、年間2万円程度です。

独自ドメインが使える「note pro」では毎月5万円かかるので、それに比べると安価に運用することができますね。

いちばんやさしい WordPress 入門教室 | 佐々木 恵 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで佐々木 恵のいちばんやさしい WordPress 入門教室。アマゾンならポイント還元本が多数。佐々木 恵作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またいちばんやさしい WordPress 入門教室もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

仕事の幅を広めたいならWordPress
・noteとWordPressの両方を使える状態がベスト
・WordPressを使える人は意外とすくない
・最近はWordPressの関連記事も多いので調べればだいたい解決できる

今日のまとめ

“・書くトレーニングはnoteからスタート
・SEO、アフィリエイトなど本気で取り組むならWordPress
・何事も勉強だとおもってトライすることが大切”

書くトレーニングはnoteからでも大丈夫ですが、SEOやアフィリエイトに本気で取り組むなら独自ドメインを使って自社ビルで運用する必要があります。

しゅうへい氏が運営する「フリーランスの学校」は、30回の動画での講義がこちらより無料で入学することができます。気になる方は一度チェックしてみてください。

SNSでフォロワーを増やす前に読む本「やってはいけない10のこと」 | 村上しゅうへい | マーケティング | Kindleストア | Amazon
Amazonで村上しゅうへいのSNSでフォロワーを増やす前に読む本「やってはいけない10のこと」。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました