最近よく聞くIoTって何?

さて今回は、最近よく言葉に聞くIoTについてお話したいと思います。

IOTとは?

IoTとは、「Internet Of Things」の略でモノのインターネットという意味です。
グーグルなどの検索で「IoT」と検索しても大量の情報ができてますが具体的なことはよくわからないといった方も多いのではないでしょうか。

インターネットは従来パソコンやサーバ等のIT関連機器などが接続されるためのものでしたが現在ではスマートフォンやタブレット端末にもインターネットに接続されテレビ、デジタルカメラデジタルレコーダーや最近話題のスマートスピーカー等の情報家電をインターネットに接続する流れは増加してます。今後は、ありとあらゆるモノがインターネットに接続するようになります。

具体的に?

では、具体的にどのような仕組みでIoTが成り立ってるのかを見ていきましょう。

要素1:モノ
先ずIoTの主体となる「モノ」
「モノ」とは身近にあるありとあらゆるモノです。
例えば、車、家電、ペン、食器などさまざまなモノです。

要素2:ネットワーク
「モノ」の状態のデータをインターネットに送受信する役割を果たすのが「ネットワーク」です。
データの量、データの送る速さのことを考えると去年末から日本にも登場した5G環境が適正だと思われます。

要素3:アプリケーション
情報を可視化するための「アプリケーション」データの抽出や解析などの処理に加え、人が理解しやすい形に見せるのがアプリケーションの役割です。

IoTの具体例といえば、車の自動運転などが良い例だと思います。
周囲の環境の変化や衝突の危険性をいち早く察知して、AIで分析しながら最適な方法でトラブルを回避しなければなりません。
そのためには、大容量のデータの送受信を超高速で行う必要があります。
そこで4Gの通信速度の約20倍にもなると言われる5Gが自動運転システムと連携するには最適だと言われてます。

まとめ

2022年には12兆円に成長すると言われてるがIoT市場が国内で注目されてます。
なぜ、IoT市場がこれほどにも注目されているのかというと、根本的な要因は人口減少・少子高齢化によるものです。

働き手が不足している一方、ビジネス競争は激化しているため業務の効率化が急がれているのが現状。
現在IoTに多く出資している業界は「精密機器」「光学機器」「重工業」「産業機械」「組立製造」など

今後はショッピングモールなど商業施設や病院などにも期待され、数年後には各家庭にまで普及するといわれます。
IoTによって人にかかる負担も軽減され仕事の効率化や利便性を叶える時代がもうすぐそばまで来ています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.