若き頃の過ち ~PART2~

小学3年生の頃、クリスチャン一家の友人がいた。
隔週の日曜日に日曜学校の名目で人里離れた教会に
早朝から、キリスト教の勉強会へ行っていた。

僕自身はキリスト教信者ではないが何度か友人の家族に誘われ
連れて行ってもらってた。
教会では必ず何曲かの讃美歌を歌い、歌の最後には必ず「アーメン」と言う。

自宅に帰って両親に教会での出来事を話すと僕の母親が
「讃美歌の後は アーメン、ソーメン、冷ソーメンって言うんや!!」
と言ったので、次に日曜学校へ誘ってくれた際に大きい声で言ってみた。

すると、僕の友人も一緒になり楽し気に真似をして讃美歌の最後に
「アーメン、ソーメン、冷ソーメン」と大きい声で言ったら
周りが急にシーンとなり友人のお母さんが顔を真っ赤にして


「そんなこと言っちゃダメ!」と軽く叱られた。

その日の日曜学校が終わった帰りに車の中でいつも優しい友人のお母さんが鬼の表情で無言のまま自宅まで車を走らせてたことは昨日のようにおもひだす。

それを境に二度と日曜学校に誘ってもらえなかったことは言うまでもない。

あの日のことを想うと若き頃の過ちだと改めておもった。(チーン)

若き頃の過ち

僕が10代の頃、大阪の某府営住宅に住んでおり、巷では創●学会の布教活動がやたらと流行っていた。

その頃、ちょうど下の階に住んでいた友人の親とその他のオバチャン連中5・6人で、創●学会への勧誘に来た。

「あなた、このままの生活を続けていると来世は”ゴキブリ”となって生まれ変わる事になるよ!!だから、あなたを助けにきたんだよ」とドヤ顔の定番トークで言い放った。

その頃、僕は10代のクソガキだったので宗教とかに全く興味がない上、目つきの怪しいオバチャン連中がゾロゾロと寄ってくるので「お前ら、すでにゴキブリやんけー!!」と反撃をした。

すると、オバチャン連中は、無言で逃げるように去っていった。なんとか難を脱したのであった。

何気にフッと玄関の郵便受けを覗くと、そこには聖●新聞が入っていた。
新聞の一面目に池●犬作のドアップ写真が載っていたので、犬作の顔面に目がけて新聞紙の上から脱糞し、その新聞紙ごと強烈な臭いに堪えながら下の階の友人宅の玄関前に放置した。

次の朝、そーっと偵察に行くとすでに処理済みだった。しかし、その時すでに僕の犯行とばれており、近隣中にある事・ない事を振れまわしていたから、さぁー大変!!

住んでいた府営住宅に住めない状態になり、引っ越しする羽目となった。
当然ながら親から、ひどく叱られた事は言うまでもない。

なぜ、僕と判ったのか?当時不思議だったが、よくよく考えてみると当時、僕は皆から「ウ●コ」と呼ばれていた事を思い出した。

あの頃を思い返せば若気の至りだった。

お詫び!

2019年が始まって直ぐにまるもち倶楽部のブログが改竄されました。
改竄はWebサイトを作成したツール(WordPress)の管理者アカウントが乗っ取られたことにより、ブログの記事が全部書き換えられた為、すべての記事を削除しました。今後は、このような被害に遭わないよう下記のように対策をしました。

【原因】

Ⅰ.管理者アカウントの乗っ取り

2.Webサーバの脆弱性を突いた攻撃

【対策】

※WordPressについて

・WordPressを最新のバージョンへアップデート
・WordPressのプラグインを最新のバージョンへアップデート
・不要なプラグインを削除
・ログイン画面に CAPTCHAを導入
・ブログページからのログイン機能を破棄
・セキュリティに特化したプラグインを導入

※サーバ

・サーバOS(RHEL)のLinuxカーネルのアップデート
・OpenSSLのバージョンアップ
・Apacheの設定変更
・Firewall設定の見直し
・Fail2banの導入

※SSL強化

・SSLチェックサイトでA+を取得
・Web全体を常時SSL化
・SSLCipherSuiteを厳選して不要なのを除外
・SSLProtocolは TLSv2, TLsv3のみ提供

以上の対策により以前より強靭なサーバになったとおもわれます。

以前の記事は元に戻りませんが徐々にコンテンツを増やしていく予定です。
「まるもち倶楽部」のサイトでもLive配信機能も近日中に実装する予定です。

この度は、ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。